どんどん、増える写真や動画。世の中の人はどうしているのでしょうか。

>

写真の活用方法や手順を決める?

どこで活用する?

たくさんの写真やデータ、活用するためだけが目的ではないにしろ、いつかは、消去しなくてはならないですよね。
それは、自分が死んでからなのか、それとも自分で行うのか。撮った写真を誰に見て欲しかったのか。田舎ら誰に見て欲しいのか。その時々によって、見て欲しい人は違ってくるのだろうけれど、自分が生み出したものを自分で活用して、思い残すことのないように活用できれば良いですね。
また、何かの証拠となる可能性もあるのですからね。
昔の懐かしい映像とかもあるのですから、自分の撮った写真も、そのように日の目を見ることが全くないとは言い切れないですが。と、すると、見たいときにすぐに取り出しやすいように整理しておかないといけないですね。

その写真、誰に見てもらうのが一番かな。

写真を撮るときに、誰に見て欲しいと思って撮る時と、ただ、無性に撮りたくてとる場合もあるのではないでしょうか。これは、私の個人的な趣向でしょうか。鮮やかに見える写真も加工することも可能でしょうが、自然に撮ることができれば、さらに良い作品にもなるのじゃないのでしょうか。
また、自宅から出ることができない人に、外の世界を知らせることもできるのが、写真ですよね。私は個人的に自宅から出ることができない友人に見てもらいたくてSNSなどには花や植物の写真を載せます。
そして、インンタネットにアップしておくと、いつでも見ることができる党利点もありますならな。ただ、インターネットに載せる際には、誰かを傷つけていないか、十分に配慮しているつもりです。


この記事をシェアする