写真のデータどうしてる?保存方法と活用法

どんどん、増える写真や動画。世の中の人はどうしているのでしょうか。

見ることや観ることはあるのか、ないのか

増えて増えて、どうしようかと困っています。だって、この瞬間を記録しておきたいという願望には勝てないですからね。私自身、とりあえずは、パソコンを経由し外付けハードディスクに移しておりますが、それも永久保存は不可能だということで、一番安全なのは、CDのようなものに焼き付けておくということが一番だと聞いたことがあります。
でも、この世の中、絶対に安全なんて言葉は無きに等しいのではないでしょうか。
そこで、撮り続けて、膨大に増えた写真や動画などを楽しむ機会を自分なりに作り出すのも見つけて考えてみるのも良いかもしれないですね。
と、思いついたりはしても、日常の生活に追われっぱなしだと時間ととってゆっくりと整理することもなかなか難しい状態なんですよね。自分流の整理の方法など確立している人ならまだしも、沢山の人や高齢者の方は、整理や整頓が苦手な人も多いと思います。
とは言っても、高齢の方で、面白い写真を撮って人気者になった人も今雨よね。
ここで、気づいたことなのですが、いかに愉しむかという気持ちで、取り組むと、よう方向に行くようになるのかもしれないですね。そして、個人を特定することができる特別な写真や動画は、十分に注意をしないと、とんでもないことになってしまうとうことですね。アクシデントや何らかの事故的な事柄で、インターネットにアップされてしまうと、消すことができないですからね。自分はもちろん、どこかの誰かの人生をも左右すことになりかねないから、個人のことがらについては、慎重に丁寧に扱いたいと私は思うのです。